最後まで走り抜く

<最後まで走り抜く>

5月8日~9日に、プロコーチの研修を受けた仲間たちが我が家に遊びに来る。

それで、せっかくだから彼らの参加も期待して、セミナーかワークショップを開催する。

あなたも一緒に参加しませんか?

5月8日(日)

10:00~15:00 開催予定 場所 JR三田駅前 ビル

セミナーテーマ

候補1「魂を揺さぶるバイブルブランディングエッセンシャル」

候補2「人生で有終の美を飾る秘訣(最後まで走り抜けFinishing Well)」

候補3「的を得た人生(最大限の効果を発揮し、最小限の疲れしか感じないライフスタイルの秘訣)」

~ あなたのカリスマを用いて、実り多い人生を得るために ~

みなさんのご要望をお聞かせ下さい。

今回は候補2のエッセンスを紹介します。

多くのリーダーが、その人生の最後で惨めな終わりを迎えているというデーターがあります。

「どうすれば成功するか」 「どうすればリーダーになれるか」 そのような内容の本やセミナーは

多くあります。

しかし、大切なことは成功し続けることです。リーダーとして良い影響を与え続けることです。

「人生で有終の美を飾る秘訣(最後まで走り抜けFinishing Well)」セミナーでは、その事を

共に学び、その答えを見出すためのものです。

<最後まで走り抜くための12の原則>

( フィニッシュウェル finish well:有終の美を飾る)

1.最後まで走り抜くためには、今始めなければならない。

2.最後の章を立派に終えるためには、それぞれの前の章を立派に終えなければならない。

3.次の章に進んで行く前に、一つの章を立派に閉じなければならない。

4.最後まで走り抜くためには、結末からの展望が必要である。

5.各章を立派に終えるためには、清い良心を持って終える必要がある。

6.どれだけ立派に終えるかは、後に残る人間関係次第である。

7.最後まで走り抜くために、容赦なくプライドを処理する。

8.最後まで走り抜くために、第一のことを第一とする。

9.最後まで走り抜くためには、私たちは無条件の赦しを差し出し、受け入れる。

10.最後まで走り抜くことは、私たちのすべての願いが実現することを意味していない。

11.最後まで走り抜くとは、手放し前進することを意味している。

12.最後まで走り抜くことが、最終的に重要

(ディビット・W・F・ワング)

私はこのワングの12原則に大きな共感を覚えます。

セミナーでは、この12原則を覚えながら自分の今までの人生を振り返り、これからの

方向性を定めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です