自分との戦い

この週末は久しぶりに師匠アーサーホーランドと共に行動した。

お会いする度に、新たな気づきと元気をいただく、まさに最高のモティベイターである。

そんな師匠がその講演の中で必ずと言っていい程に引用するネイティブインデアンの祈りがある。

こんな祈りである。

「おお、大いなる精霊よ、その声を、私は風の中に聞き、その息吹は、この世界のすべてにいのちを与える、

大いなる精霊よ、私の祈りをおきき下さい。

私はあなたのまえに一人の人間として、あなたの多くの子供たちの一人として立っています。

私は小さく弱い。私にはあなたの強さと知恵が必要です。

どうか私を美の中にあゆましめ、赤々と焼ける夕空をいつまでも見守らせてください。

私の手が、あなたの創ったすべてのものを大切にし、私の耳が、あなたの声をききもらさぬようにさせて下さい。

あなたが私たちにお教えになったことども、一枚の木の葉、一つの岩の下にもあなたがそっとひめた教訓の数々を

知ることができるように、私を賢明にして下さい。

おお、私の創造者よ、私は強くありたい。

私の仲間にうちかつためにではなく、私の最大の敵、私自身とたたかうことができるように。

汚れのない手と、まっすぐなまなざしをもっていつでもあなたのみもとに行くことが出来るように、

やがて、私のいのちがあの夕焼けの空の色のように消えるとき、私のたましいが、なんの恥じ入るところもなく、

あなたのみもとに行くことが出来るようにさせて下さい。」

何度聞いても魂が揺さぶられる。

今回は特に、「おお、私の創造者よ、私は強くありたい。私の仲間にうちかつためにではなく、私の最大の敵、

私自身とたたかうことができるように。」という祈りに心と魂が捉えられた。

私も幼い時から、「強くありたい」と思い続けて来た。

そして、何人かの本当の強さを持つ方々に出会ってきた。

強さを求めて空手道の稽古と修行に励んだ。まさに誰にも負けないぐらい稽古とトレーニングに励んだ。

結果、学生日本一のメンバーにもなれた。拓殖大学体育会の頂点であり最強の象徴である「無く子も黙る拓大体育

寮寮長」にも抜擢された。

周りの評価は「強い人」というものになった。

その後社会人としても、ある組織のリーダーたちの会議で一番新参者で一番若い私が、お偉い方々のゴマスリ体質と

妥協していることを指摘したことに対して、ある先輩が「あなたの心臓には毛が生えているのか?」と良く意味の分から

ない事を言われた。

しかし、今自分の47年の生涯を振り返るとき「私自身と戦うことができるように」ではなかった様に思えた。

多くの場合、自分でも気づいていない自信の無さ、セルフイメージの低さからくる「人からの評価を得る」ための

戦いであったように思う。

幸い、そのような戦いの中で得て来たものが、すべて無くなるように思えた出来事が2年前に起きた。

その痛みはあまりにも大きく今も傷口が癒えていないように思う。ここがウジウジ君の要因。

だがハッキリしている事は、「私自身と戦うことができるように」神がよけいなものを強制的に取り除いてくれた

と言う事だ。それに気づくのに随分時間がかかったが、今はそう思える。ゆえに感謝!

これからはネイティブインデアンの祈りのように祈って歩んでいきたいものだ。創造主のもとに帰るまで。

過去と他人は変えられないから・・・・・・。

あなたの戦いはどんな感じですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です