薪(たきぎ)のような人生

「たき火」が大好きだ!

幼いとき、海辺の砂浜で流木を集めて燃やした。火を見ているだけで何とも言えない心地よさを覚えた。鍵っ子で家に帰っても誰もいない寂しさを「たき火」で癒していたのだろうか?

学生時代、キャンプファイヤーをやる時は決まって火を扱う担当になっていた。

神学校で学んでいたとき、敷地内の雑草や木を燃やす作業があった。たき火を超えて、ものすごい大きな火になった。先輩に「都会の人はこれだから困る!」と白い目で見られた。

三田に住んで5年前に今の場所に移った!

田舎なのでいくらでも「たき火」ができる。庭の木を剪定して「たき火」

ちょっと疲れが溜まると枯れ枝を集めて「たき火」これが今の私のお金が掛からない贅沢な一時である。

先日出会ったコンサルタントの方は、将来「たき火屋」をやる事が夢だと語っていた。

私はすかさず「三田支店をさせて下さい!」と志願した。

なぜ、「たき火」がこんなにも私の心を引きつけるのか?

恐らく「薪」に自分の人生を見ているのかもしれない!

まだ、燃えていない!完全燃焼したい!たき火のように誰かにぬくもりを与えるような存在になりたい!

一人で燃える事はできない!他の薪と重なり合う事が必要!

私は誰と重なり合って燃えるのだろうか?

一緒に燃える仲間が必要だ!

そして、最後は何も残さず完全な灰になる!

これが私の「自分らしい人生」としての願いだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です