地の塩として生きたい!

いよいよ明日は、PTA総会だ。これで一応正式に会長としてのお役御免になる。

昨晩は、連合PTAの最後の会議、こちらも一応これでお役御免となった。

昨年の今頃は、人生の中で最も大胆な決断をした頃である。(前職を退職したこと)

それから早くも1年が過ぎようとしている。

あまりにも多くの事があって私の記憶装置に治まらないほどである。

そんな中で、PTA活動を通して新しい出会いが沢山あった。そして、その出会いの中で、これからの人生で取り組むべき課題が沢山見えて来た。

私が愛読する聖書には、人間は「地の塩、世の光」として生きるものとされている。

塩は、とけ込む対象の旨味を増す役割があり、同時に腐敗を防ぐ役割がある。大好きな肉料理に塩は欠かせない。

この1年間は、十分にとけ込む事は出来なかったように感じている。しかし、今までの住み慣れた世界から飛び出した事によって、何処にとけ込んでいけば良いのかは見せられたように感じている。

これからの新しい年度は、塩としてとけ込んで人々の旨味を増す様な存在でありたい。

自分らしく、地の塩として生きたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です